With Love

6月になりましたね。
6月といえばジューンブライド。



私が遊んでいるアプリゲームで最近公開された新曲が、とても良い曲で。
(このゲーム、通称「デレステ」に嫌な曲はほぼないのですが…特にハマったとでも言いましょうか)

最初に書いた通り、ジューンブライドをイメージした曲で、花嫁さんにエールを送る一曲なんだそうです。
聴きながら自分の結婚式を思い出していたのはナイショ(笑)

いつまでも消えない 帰る場所をつくろう

特に歌詞のこの部分に強く心が奪われました。
結婚するってこういうことだよなぁ…って、既婚者の身からしても思いますから。

そんなわけで、この曲を聴きながら改めて自分の結婚式を振り返ってみるわけです。

~さくら、思い出の写真やらムービーやらを視聴中~

ぐわぁ、涙がぁぁぁぁ(号泣)

みんながそろって、みんなで笑い合って、楽しさや幸せを共有して…。
恐らく、参加してくださった皆様全員をもう一度集めるのは至難の業で、二度とできないと言っても過言ではありません。
だからこそ、今でも自分の中でキラキラした思い出として残っているのだと思います。

そして、この思い出があるからこそ、私は今、頑張れているのです。


おまけ。
ASP05620499.jpg
ツイッターの私のページに貼ってあるこのケーキ。
実は、思い出のウェディングケーキなのです。
…ファーストバイトで食べたきりですが、味は格別でした♪

母の日と誕生日

数年に一度、母の日と誕生日が重なることがあります。
ちなみに、私が生まれたその日も母の日でした。

今年も重なりました。母の日にまたひとつ年を取ったさくらです。


↑このセンターのアイドルと同い年になりました。みじゅきかわいいよみじゅき。

「平成生まれもいよいよアラサーか…」と感慨深くなってみたり。
生まれてまだ30年も経っていないのに色々なことが起きすぎだよ!とか振り返ってみたり。
平日主人が仕事に出て、家で自分一人になった時に、フッと考える瞬間がありまして。

雨の降る母の日に北海道の東の端っこで生まれ、小学校に上がる年に祖父を亡くし、
中学生で弁論大会の弁士として東京まで行って総理大臣と面会し、
隣町の高校に進学して生涯の友と出会い、
そのまた隣町の大学に入学して、1年目で母を亡くし、
大学院を目指したものの方向転換して就職、
2年働いて体と心をぶっ壊し入院、そのまま退職。
そして結婚、本州へ進出。
やっと落ち着いたと思ったら、父が倒れ障がい者になり、その年の暮れに祖母を亡くす。

ホント、色々ありすぎましたわ(笑)

こんなことを話すと、主人から時たま「さくらの一生って小説になりそうだよね」なんて言われたりするのですが、
現実は小説より奇なりなんて言いますし、私よりも苦労した方々はこの世の中にきっとたくさんいらっしゃって。
彼らに比べれば私の人生なんてちっぽけかと。

ただ、文章を書くことは嫌いではないので、自分の一生の一部分でもいいから小説のように書き起こしてもいいんじゃないかな…
そう思って「小さな恋」も書き始めたわけです。
(あえてそこを小説にするの!?ってツッコミはなしで…笑)

これからも、もっともっと自分なりに物事や周りの言動を吸収していって、いつかまとめられる時が来たら、
ちっぽけだけど、こんなに楽しくて奇想天外な人生もあるんだよって気持ちをこめて、人生を振り返る作品を書いてみたいと思っています。

それまでは、日々是学習。
学び、習い、インプットしたことをこうして少しずつアウトプットしながら、細く長く強く生きていきたいです。


…お付き合いいただいている皆さんに、ありがとうをたくさんこめて。

小さな恋を綴っていきます。その8

あまりにも期間が空いてしまいましたが、続けていこうと思います。
高校時代の片想いを小説っぽく振り返る話、「小さな恋を綴っていきます」。

BGMはコレ↓で。


実際に片想いしていた頃はこの曲の方が合うかなぁ。




「彼」との出会い
その1
その2

ニックネームで呼ばれた日
その3
その4

初めての個人面談
その5
その6

かなり前に書いたのは前編で終わっていました。
冬のある日の掃除中のエピソードです。
その7(前回)

今回はその続きから書いていこうと思います。
それでは、どうぞ。

→続きを読む

赤い屋根の家



電車の窓からも見えないし、ましてや「赤い屋根」でもないのですが、なんとなく、状況が似ている気がして。


私が中学生まで住んでいた実家が、売られることになりました。
今度生まれ育った故郷に里帰りする頃には、誰かのものになっている予定です。

父の障がい者認定が完了し、手帳も交付され、独りでは生活できない状況が確定しました。
私は一人っ子で嫁に出てしまい、母も亡くなってこの世にいませんから、実家は今空っぽです。
そんなわけで、維持費や税金のことを考えたら、土地も家も売ってしまった方がベターだろう、という結論に至りました。

薄々わかってはいたんです。
高校入学と同時に実家を離れたとき、母が亡くなったとき、結婚したとき、父が倒れたとき…
いずれこうなる(こうする)であろうことは。

だけどやっぱり、生まれ育った家が他人の手に渡るって、辛いですね。
こんなに早く「この日」が来るとは思わなかった。


帰る家はなくなっちゃうけれど、やっぱり北海道・道東は私にとって故郷だし、そこで生まれ育った事実は変わらないし、
そこで出逢った人たちとの交流はずっと続いていくことでしょう。



…「変わっていく勇気」って、こういう時にこそ、出すものなのかもしれませんね。

Flip Flop



心躍る春がやってきました。
皆さんいかがお過ごしですか?

またブログに広告を出してしまいました…
最近はめっきりパソコンに向かう時間が減ってしまったさくらです。
毎週担当していたニコニコ生放送からも撤退し、ついにはプレミアム会員も解約してしまいました。
インターネットはスマホやタブレットで見るようになり…。
どんどんパソコン生活から遠のいていくのを実感しています。

今この記事を書いているノートパソコンは、使い始めてこの4月で9年に。
そろそろ本当に古くなってきたなぁ、買い換えなければと思いつつ、なかなかコレだ!と思うパソコンが見つかりません。
主人と一緒に家電屋さんに行ってはみるものの、「見てるだけ~」(古)で終わってしまいます。
早くウィンドウズ10に慣れないとダメですね(未だ7ユーザー・苦笑)

ブログで行っていた生存報告も、いまやツイッターでつぶやくことがその代わりとなってしまいました。
最近、平日は朝ドラを見て感想をぼそぼそ書いています。
3月までの「べっぴんさん」は私には合いませんでした(^_^;)
一応全話見たのですが、主人公の「なんか、なんかなぁ」というセリフだけがやたらと耳にこびりついています。
今月から始まった「ひよっこ」はほのぼのしていて、桑田佳祐さんの歌がテーマ曲ということもあり、お気に入りです。
爆死にならないことを祈るばかり…


それから、父のことですが、リハビリ施設を退院した後、障がい者手帳の手続き等のため、一旦故郷に戻りました。
今は伯母の家でお世話になっています。
度々電話をして様子を確かめていますが、退院後も後遺症に悩まされ、ときには言葉を発することすらままならない日もあるようです。
飛んでしまった記憶も、ほぼ戻らず…(娘が私であることは覚えていてくれています。それだけで嬉しいです)

倒れる直前まで気にしていた役場での仕事も、先月をもって退職となりました。
父にとっては悔しかったに違いありません。
たとえ倒れる前の記憶が消えてしまっても、勤めていたことを知っている人に会えば話に出てくるのは当然ですから。

直接寄り添いたい気持ちは山々なのですが、本州まで父を連れてくるのが父にとって負担になること、主人が転勤族であるため(今年度は転勤せずに済みそうですが)、見知らぬ土地に父を連れ回すのはストレスになるだろうということ…父を支えてくれた医療チームの皆さんとも話し合い、そうした様々な理由で断念しました。
今は(故郷に限らず)北海道内で父の病気に詳しい専門的な施設を探しています。
移るにしても、金銭的な問題もあるので、そう簡単に上手くはいきませんが…。

…と、色々書いたところで、結局のところ私は周りから見れば「父を伯母に預けて本州に出てしまった娘」なわけで。
父を障がい者にしてしまったという罪悪感と、四六時中寄り添えないという悔しさに呑み込まれてしまいそうな時も少なくありませんでした。
ただ、最近は父自身「さくらが気にすることはないよ。自分の道を歩みなさい」と言ってくれたことや、心がへし折れそうになった時にいつも助けてくれる主人や友人たちの言動もあり、徐々にポジティブな感情が戻ってきた気がします。

私が後ろ向きでどうする。明るく楽しく、笑顔がモットーだったじゃないか。

そう鼓舞しながら、過ごす毎日です。


…そんなわけで。
今年度も専業主婦でスタートしたさくら。
どんな1年になるのか、どんな1年にしていこうか、このワクワクを大切に。
適度に頑張ります。

まずは、増えすぎた体重をなんとかしないとね。頑張ろう。
Twitter...
プロフィール

千島  さくら

Author:千島 さくら
プロフィール

北海道の大学生→社会人3年→専業主婦、♀、5月生まれ、O型。
生粋の道産子で、生涯道産子宣言実行中。
生涯道産子=一生北海道に住むこと、と考えていたけれど、本州に住んだ方が道産子スピリッツを鍛えられるような気がしてきた。
そして2015年秋、私はパートナーと共に「内地」へと飛び出したのでした。

一日ひとつでも小さな幸せが見つけられたらいいなぁ…
そんな心がけで生活をしています。

子どもやお年寄りはもちろんのこと、動物や植物など生物全般と接するのが大好き。
食事は人間の原点。
モットーは「No smile,No my life!!」。

・・・こんな私ですが、どうぞよろしくお願いします。

※カテゴリーの説明などは「はじめまして」をお読みください。
※メールフォームでもコメント受付中です。
ブログのコメント欄でスパムコメントを避けるため、いくつかフィルターをかけておりますので、それが理由で拒否されてしまった方や、管理人への秘密の話がある方はそちらでコメントをお寄せください。




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも一覧

■ ブログ名:夢の中で …inside of a dream…

■ ブログ名:星の命、またどこかで新たに灯る。

■ ブログ名:せんちめんたる

■ ブログ名:♪らんらん学習帳♪

■ ブログ名:花香るとき、風にのせる音の調べ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ